TOPICS

アイデンティティー









人間が旅立ち


絶対の世界に入る前後辺りで


ある選択をします。








このまま絶対の世界に入るのか?


元の相対性の世界に戻るのか?







つまり復活できるというわけです。








三浦くんは前に進み


しばらく休んで


また同じような境遇の受精卵に宿り


同じような人生を歩み


前回、達成できなかったアジェンダに


取り組むでしょう。









竹内さんは戻る事にしました。


やはり2人の子供を自分の手で


育てたいと思ったからです。








僕たちの現実では


死んだままで霊はまだこの世界に


留まっていますが


別の平行現実では自殺未遂で済み


改めてアジェンダに取り組んでいる最中です。








このように


宇宙は常に本人の意思を尊重して


チャンスを与え続けてくれます。


選択肢の基準は


「自分は何者か?」


それだけです。








あまり自分のアイデンティティーを


真剣に考える方は少ないですが


究極的には自分が自分になるという事しか


起こっていないんですね。


回りの人々や環境はあくまでおかずであり


きっかけに過ぎません。








起こっている事はすべて


自分のために起こっていて


そのおかげで自分が何者かを


決定できますので


何が起きても


感謝しかないですね。











〜症状の原因をすべて取り除きます〜


佐賀ファンブログlogo.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
29lq