TOPICS

右腕の激痛2



(吉野ヶ里町 50代女性)









元々、今年の6月から右腕にシビレが出だしていたそうですが


8月に悪化し、病院に行き頸椎ヘルニアと言われ湿布をしていたそうです。


しかし、痛みはさらにひどくなりほどんと動かせないくらいになり


運転もできず、連れられて来院されました。










とにかく痛く、うつ伏せで治療していくんですが


右手をあちこち動かして


何とか落ち着こうとされ、そんな中で治療しました。







◎カイロプラクティック


   ・脊柱 胸椎→1番〜7番の右側屈・左側伸


       頸椎→2番〜7番の右下外方・右側伸


   ・胸郭 肩甲骨→右の外方・外上方


       肋骨→右の第1〜8の上方


       鎖骨遠位→右の前方・外上方








右肩が前に出ているので


SOTのブロックを差し込み上げると少し楽になります。










最近はあまりアクティベータで矯正する機会が少なく


奥さんに「あんまり打ってないでしょ? 大丈夫?」と心配されるくらいですが


今回ばかりはアクティベータの嵐で


打ちに打ちまくり、骨格を矯正しました。









頸椎ヘルニアと言われたそうですが


どうも胸椎にヘルニアがあるみたいで


そこからの神経のアンバランスを調整。







だいぶ動かせるようになり帰られました。










1週間後に2回目の治療。


痛みは落ち着き、スケールは10→3まで減っています。










右腕に少し痛みが残っていますが


骨格系の歪みは無く、今回はアクティベータの出番なし。









微調整を繰り返して


筋膜、筋間中隔、間膜やじん帯、骨膜、そして左足首など


体全体のバランスを整えました。









後は免疫系と神経系のアンバランスもあり


それらも調整。









そしてさらに3週間後に3回目の治療。


痛みはほとんどなく違和感と


たまに手先にかけてシビレのような感じがあるそうです。









今回はまた歪みが出てきて


腰椎5本の右下外方


左肋骨12本の内上方


右肩甲骨の外上方


右上腕骨の下方を矯正。






上腕骨が下がっているので


関節唇と上腕三頭筋がマイナスで


これでシビレ感になっているのでしょう。









今回の治療で完全に良くなると思います。









昨日、ご紹介者が来られたんですが


痛みでパソコンも打てなかったのに


初回にうちに来られた後は普通にできるようになっていて


回りがビックリしていたそうです。


嬉しい報告ですね。


























〜症状の原因をすべて取り除きます〜


佐賀ファンブログlogo.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
9w5f