TOPICS

負の感情





最近、研究していて感じる事ですが


内臓や痛みのある患部に負の感情が付着していて


それが歪みやアンバランスを


再発させているんだなあ〜と思います。








心配、不安、力み


悲しみ、恨み、後悔、憎しみ、


寂しさ、プレッシャー、怒り、


欲求不満、ストレス、


嫉妬、恐怖・・・








その人のトラウマや個人的に嫌な思いや


やりたくないこと、理不尽な日常、コンプレックスなどなど・・・


僕らはこんなにも小さい頃から自分らしくないことを


強要される世界に生きているわけですが


それでも何とかやっているんですね。








でもその根底には


「たった一度きりの人生だから・・・」


という切羽詰まった悲愴感が流れいている気がします。








もう二度とない今日、


もう二度とない人生、


その思いが焦燥感として


何とかせんば、何とか頑張らんば


として自分らしくない行動を繰り返して


疲れている気がします。








「自分らしく」


ただ自分自身であれば良いと言う真実は教えられず


政治や宗教を通して


権力者が人民に要求する態度を求められ続け


お利口さんでいらんば、


優等生でいらんば


その挙句、その葛藤の中で自分自身を攻撃して


有害な化学物質を体内に発生させているわけです。









でも、あまり人生を深刻に考える必要はないです。


もっと力を抜いて


もっと笑って


もっと自分にとって楽しいことをすべきです。









突き詰めれば


色んな辛いきつい症状は


結局、自分の心が生み出していると言う事を


そろそろ理解し


自分の感性で、自分の感じるままに


自分のやりたいことをするべきです。









そう、感情は唯一の真の友達です。


日々少し時間を取って


深呼吸をし体や心の感覚に意識を向けることは


自分を大切にする習慣になります。








あまりにも治療をしていて


自分のことが好きでない人が多すぎます。









まずは自分自身をあるがままに愛することを


抱きしめることを


いつくしむことを・・・










いま、生きているだけで


それだけで十分


素晴らしいんですから。















〜症状の原因をすべて取り除きます〜


佐賀ファンブログ
logo.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
w0pm