TOPICS

アレルギー消去1

ふつう、「除去」とは回避の意味で使われています。





例えば卵アレルギー除去食とか牛乳アレルギー除去と言った風に

アレルゲンからの回避を指しますが

私が開発した「アレルギー消去テクニック」は脳を再教育して

根本的にアレルゲンに反発しないようにするものです。






常識では考えられないことですが

実際にたくさんの患者さんがアレルゲンを受け入れ

様々な症状から解放されています。







理屈は単純で脳にとっては「敵」となるアレルゲンに触れながら

1、脊髄神経の流れを促進し

2、経絡の中枢を刺激し

3、硬膜の緊張を緩め

4、脳脊髄液の流れを促進することによって

脳が「これって身体にいいっちゃない?」と素敵な勘違いをしているすきに

アレルゲンをを定着させ、最終的に脳に受け入れさせます。

いわば、アレルゲンに触れながら、一瞬ものすごく身体を健康にすることによって

脳がアレルゲンを自分の一部と認識させるんです。









単純でしょ?








この単純なアプローチで劇的な変化が現れます。

私の業務も腰痛、肩こり・頭痛と言った筋骨格系の治療から

花粉症、鼻炎、アトピー性皮膚炎、不妊症、ぜんそく、

糖尿病や腎臓病、甲状腺疾患と言った内臓の問題まで広がり

それぞれ結果を出せるようになりました。









アプライド・キネシオロジ‐の故・脇山先生も

「人間の身体は単純なようで複雑、複雑なようで単純。」

と言われましたが、まさにその通りですね。

ポイントを押さえれば、人間が本来持っている自然治癒力が

フルに発揮され、症状は消え去ります。











長年私のカイロ治療に全幅の信頼を寄せている人でさえ、

「先生に○○がアレルゲンと言われたので

あれから○○を避けています。」

と言われますが、それは私の話を聞いていなかった証拠です。

避ける必要など全く無いのです。

なぜならその人の脳はその○○をもう敵とみなしていないのですから・・・










これは「アレルギー」と言うモノがいかに深くて不気味で

治療不可能な症状ととらえられている人々が

どれだけ多いかを物語っているエピソードです。











でも希望を持ちましょう!

カイロプラクティックの水平線上に新しい医療が存在しているんです。

神経反射を統合した医療の中にその答えがあります。










私たち一人一人はかけがえのない素晴らしい生命であり

好きなものを食べ、好きなものを着て、

好きなところに行き、好きな人と幸せに暮らすと言う

当然の権利を神様からいただいているんです。











一緒に幸せになりましょう。

カイロプラクティックにお任せ下さい。

「本当のカイロプラクティック」なら大丈夫です。















ただ、症状を起こしているアレルゲンを特定する

「探偵作業」にはいつも苦労されられています・・・






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
7eqp